【勇者の飯】個性的なキャラクター達をあっさり紹介

スマホゲームアプリの勇者の飯をクリアしたのでゲームを紹介する記事です。

今回はゲームに登場するキャラクターを紹介していきます。

なるべくストーリーのネタバレにならないようにしているつもりですが、どうしても触れてしまう部分もあるので未プレイの方は注意です。

表示されている能力は現在プレイ中の画面のため能力が育っているのはご了承ください。

ゲームの概要については以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

アイラン

攻撃方法:近接

スキル:味方全体を短時間無敵状態にする。

アイランはアプリのアイコンにもなっている初期からいるメンバーです。

本ゲームのキャラクター名はすべて料理や食材からつけられているのですが、最初に出てくる2名の元料理は知りませんでした。

ググったところアイランはヨーグルトに塩と水を混ぜた飲料だそうで、主にトルコで親しまれているそうです。甘くないヨーグルト好きだけど塩入れたらどういう飲み心地になるんでしょうか。

キャラクターとしてのアイランは攻撃性能が高くないものの守りが堅く、特に単独出現するボス戦などでは常に最善前で活躍してくれます。

スキルの出番も多くスタメンになっていることも多いのではないでしょうか、反面攻撃性能の低さで戦闘時間が少し長くなったりもします。

ストーリー中もリーダー的な存在で他キャラとの絡みも多いため出番は多く、主人公が店長なのかアイランなのか未だに迷ってしまうくらい。

ココヴァン

攻撃方法:遠距離

スキル:選択した範囲内の敵全員に矢の雨を振らせてダメージを与える。

ストーリーの最初からいるキャラ、アイランとの掛け合いからゲームが開始します。

ココヴァンは鶏の赤ワイン煮込み料理のことで、フランスの家庭料理だそうです。こちらも調べて知りました。

キャラ性能的には装備している武器の見た目通り遠距離タイプ、火力と速度のバランスが良いので安定してダメージを稼いでくれます。

スキルはザコ敵の掃討に向いているので必要キャラ意外に空き枠があれば出撃させておくと活躍してくれます。これといった短所はない分一芸には秀でていないので使いやすい以上の感想はないかもしれません。

初期メンバーなだけありストーリーには結構登場率も高め、ちょっと腹黒な面もあるので他のキャラを焦らせる場面もちらほら。

フォンデュ

攻撃方法:遠距離

スキル:選択した範囲の敵を一定時間移動不可にする。

基本的にマップを1つクリアするたびにキャラが増えていきます、フォンデュは3人目。

フォンデュは流石に知ってました。代表的なものはチーズフォンデュ、というかそれとチョコくらいしか知らなかったけど他にも色々あるんですね。

キャラとしては魔法タイプで着弾した敵の周囲にもダメージを与えるため通常攻撃の火力は高め、ただしココヴァンに比べ若干攻撃間隔が長いので一長一短といったところ。

スキルは足止めで敵の時間差攻撃や強化を防ぎます、割とスキルを使い忘れる筆頭。

見た目通りといっていいのか正確はインドアタイプ、静かにしていたいと言って登場→結果他のキャラに振り回されているというある意味王道をいっています。

リム

攻撃方法:遠距離

スキル:味方全員にダメージを吸収するバリアを張る。

リムと聞くと後ろにワールドとつけたくなってしまう4人目。

料理としては正式にはパシフィック・リム料理というそうで、洋食にアジアのテイストをミックスさせたハワイの料理だそうです。全く想像つきません。

攻撃力は並ですがスキルが非常に強力です。このゲームにおいて戦闘中の回復というのはリムのスキルを除くと2種類程度しかないので継戦能力に長けています。

リムのスキルが必要になるボス戦も多いため戦闘選出率は高め。

性格は必ずと言っていいほど出現する関西弁キャラ、ストーリーにも背景を活かした絡みがあって個人的には一番しっかり作り込まれている印象。

そして釣りをするもの彼女なので出づっぱり。

ホットドッグ

攻撃方法:近接

スキル:単体に超ダメージを与える。

ホットドッグは皆さんご存知と思います。もとはダックスフンドドッグだったという話を以前テレビで見た気がします。

バリバリの攻撃タイプと思いきや防御力もしっかりしているタンクタイプ、というかこのゲーム近接タイプは全員盾役です。

スキルはボス戦向き、早めに決着をつけたければ入れておくとダメージソースになります。

性格は見た目通りの蛮族タイプで縄張り意識が強い設定、褐色キャラが好きなので好き。

エスプレッソ

攻撃方法:近接

スキル:単体にスタン効果

もはや生物でなくなった6人目、ゴーレムです。

エスプレッソはコーヒーですよね、全く詳しくないけどあの小さいカップに入ってるやつ。

エスプレッソも近接の例にもれず盾タイプ、攻撃力は他のキャラと大差ありません。

スキルは短時間とはいえ敵の動きを阻害するので上手く使えば被ダメージを減らせます。反面使用タイミングが難しいので上手く使えなければ活躍できない印象。

正直僕は必要な時以外は使ってないです、もう少しリチャージ早ければいいんですが。

性格はロボっぽい淡白なやり取りが多くメインにはあまり絡みません。

モカ

攻撃方法:遠距離

スキル:敵のターゲットを向けさせるデコイを召喚する。

名前を聞いたことある程度ですがモカもコーヒーですよね、飲んだことはないです。

攻撃はダメージが高い分クールタイムも長め、スキルは使用中はボス以外から攻撃を受けないので結構便利、デコイ自体は時間で消滅するまで壊れたりはしないのも特徴です。

通常戦闘ではあまり出番がないものの、ストーリー進行でアンロックされる特殊な戦闘においては枠が空いていたら必ず入れておくといいです。

元王宮所属で性格の面に問題があり追放された天才博士という属性てんこ盛りなキャラで、その立ち位置からか途中から出番もかなり多く印象的なキャラです。

見ればわかると思いますがエスプレッソはモカが作成しました。

エクレア

攻撃方法:近接

スキル:単体に効果の高いダメージ吸収バリアを張る。

エクレアは有名なお菓子なので皆さん知っていると思います、おいしいですよね。

アイランよりも単体を守ることに長けたキャラ、なのですがスキルがちょっと使いづらい。乱戦になってキャラが重なると守る対象を間違えてタップしてしまうことがしばしば、個人的にはスキルが難しいキャラの一人です。

見た目とスキルがだいぶネタバレしているキャラなので深く触れないでおきます。後半にかけてストーリーの中心的存在とだけ言っておきます。

マフィン

攻撃方法:特殊

スキル:敵全員に継続ダメージを与える。

だいぶ充実してきた9人目。

マフィンはあれですね、紙にくっついた部分をきれいに取る方法を知りたいです。

攻撃方法が火炎放射とオンリーワンな特徴を持っていまして、ボス戦では単体に強い通常攻撃、雑魚戦ではスキルで広範囲殲滅と非常に有用。迷ったら入れておくだけでかなり戦闘が楽になります。

意外と乱戦ではダメージが分散されるので通常攻撃はそこまで強くなかったりします。

森に住んでいるのに火炎放射器を持っているというインパクトの強い登場に反してストーリーでの絡みは少なめ、とにかく戦闘でお世話になるタイプ。

レーション

攻撃方法:遠距離

スキル:範囲内の敵などを一箇所に固める。

このブログを見ている人はおそらくレーションを知っているんじゃないかと思います。ゲームにも出てくることありますし。

通常攻撃の火力は高い分クールタイムも最長、雑魚戦向きではないです。

スキルが本当に使いづらい、でもこのスキルを使わないと大ダメージを受けるので使わざるを得ないという扱いの難しいキャラです。

性格はクールな大人といった印象だけど他人との関わりが嫌いでもないという包容力のあるキャラ、キャラデザがこのゲームで一番好きなので常に使いたいけど使いづらいジレンマ。

ハバネロ

攻撃方法:遠距離

スキル:味方全員の攻撃速度と移動速度をアップする。

最後に仲間になるキャラはもはや料理ですらなくなりましたね、ご存知トウガラシ。

攻撃力は大したことありませんがスキルが非常に強力なタイプ、短時間とはいえ劇的に攻撃速度が上がるのでどの戦闘でも役に立ちます。とくにデイリーダンジョンにおいて真価を発揮。

ハバネロ自体の欠点ではないけど仲間になる前からスキルが必要になる場面があるので少しそのへんが理不尽に感じられてしまうかもしれません。

ストーリー的には終盤に登場するのもあり影は薄め、重要ではあるんですけどね。

マフィンとハバネロをセットにすると雑魚戦が非常に楽になります。

まとめ

勇者の飯に登場するキャラの紹介でした。

このゲームはキャラの多いゲームでありがちな「強キャラだけ使う」という部分を戦闘の仕様でカバーしている点が面白い点だと思います。

反面気に入ったキャラを使い倒したい人には愛が必要かもしれませんね。

多少出番の多少がありますがサブイベントも含めると全員しっかりとキャラが立っているのでかけ合いも楽しいです。

前回のゲーム概要含め興味を持った方がいれば是非プレイしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました