【Phasmophobia】3月7日のアップデート内容を確認する

久々にアップデートされましたね。

最近はリムワールドやってたりVALHEIMやってたり、そもそも怖いということを再認識してしばらく離れておりました。プレイ動画やゲーム実況は見てはいたのでベータ鯖で色々変更されているというのは知っています。

それでもアップデートというのは気になるもので、しかも今回はかなり大幅に追加や修正がされているとなると内容を確認したくなるというものです。そしてせっかく調べたなら共有したいということでまとめてみました。

大分多いのでほぼ内容を機械翻訳しただけの状態です、意味が通じなかったりおや?となる部分があればゲームのページからご自身でも是非確認してみてください。

スポンサーリンク

新たに追加された項目

主にUIやシステムに関する項目です。

変更点一覧

「音声をモノラルに切り替えることができるアクセシビリティページを追加しました。これにはゲームの再起動が必要です」

「ステージの難易度を選択するボタンを追加しました」

「ゲームオプションに使用するポートを変更するボタンを追加しました。これは、あなたが多くの切断を取得しているいくつかの状況では、大幅に役立つことができます。このオプションはゲームを再起動する必要があります」

「ゴーストが狩りに使うチームの平均的な正気度を示すために、正気度モニターにテキストを追加しました」

ステージ難易度の選択が可能に

旧バージョンではランダムでステージと難易度が決まっており、プレイしたい難易度が出現しなかった場合一度ルームを解散して再度作り直す必要がありました。

アップデートによりステージ選択後に難易度を変えることができるようになったため、全部プロだった時にやり直さなくて良くなって便利に、逆の場合ももちろんあります。

ステージ自体はまだランダムですけどね、それができたらあのマップいらないですしね。

モニターに平均正気度が追加

一人だとイコール平均

各プレイヤーの正気度に加えてメンバーの平均正気度が表示されるようになりました。

マルチでハントに突入するかどうかの目安になりますね、というか今まで知らなかったけど個人の正気度でなく平均正気度で判定してたんですね。

そうなると4人で開始して3人待機してたら一人が0になっても平均は75%になって長時間ハントが起きづらい状態を作れるってことでしょうか、それをする意味があるかはおいておいて。

クオリティアップの項目

これもシステム面での変更追加が多いです。より便利になるようアップデートされています。

変更点一覧

「ゲームパッドのサーバー・ステージ選択ナビを改善しました」

「キーボードのテンキーで部屋の招待コードを入力できるようになりました」

「アイテムのクリックをスパムしないように、アイテムの最大量を追加するボタンを追加しました」

「部屋への招待コードの前にサーバーのリージョンのプレフィックスを追加し、自分がどのリージョンにいるか、または接続しようとしているかを示すのに役立ちます」

「荒らし防止のため、トラックのドアを一度開けたら閉めるディレイを追加しました」

「キャラクターを変更しても全員がアンレディにならなくなりました」

「メインメニューのトレーニングボタンをクリックした後に「大丈夫ですか」のチェックを追加しました」

アイテムの最大選択ボタンが追加

ステージ開始時に持っていく調査道具の数を最大選択できるようになりました。

特にマルチでプレイするときは最大で持っていくのがデフォみたいなものなのでありがたいですね。

ですが毎回選択しなければならないことに変わりもありません、この辺もいつかアプデされるのかな。

幽霊のAIの項目

ここでは内容を見て初めてそういう仕様だったんだというのが結構あります。むしろ今までは違ったんだと思う部分も多々あるため、この項目は一度目を通しておくことをおすすめします。

変更点一覧

「幽霊は、ランダムな場所を検索するのではなく、あなたを見失ってしまった場合、あなたの周りの角を追いかけるようになりました」

「幽霊はハントの際にプレイヤーの声を聞き、その場所を探索するようになりました。これはあなたがバンシーのターゲットではない場合には動作しません」

「幽霊はハント以外でロッカーやクローゼットを開けることができるようになりました」

「ハントの最中に幽霊がドアやクローゼット、ロッカーを開けるようになりました。これはドアを握ることで止めることができますが、幽霊は通常通り部屋のドアを通ることができます」

「全難易度で幽霊が迷い込むチャンスをわずかに増やしました」

「幽霊はランダムな場所を検索するのではなく、最後にプレイヤーを見た場所を中心に検索するようになりました」

「幽霊は既に他のプレイヤーを追いかけている間に、近づいてきたプレイヤーをターゲットにするようになりました」

幽霊の挙動が色々変更

ベータ鯖プレイヤーはすでにご存知のことと思いますが、今まではっきりしなかったハント中にこちらの音声を認識するかどうかというのが改めて実装されました。

ゲーム実況者泣かせの機能ですね、でも逆にうるさくして見せ場づくりにもできそうか。

この他にもこちらの捜索がより賢くなっていますし、ドアを開けてきたりアクティブさが増しています。ハントの前兆が来たら素早く隠れるのが大事ということですね。

プレイ時の項目

実際に現場に行ってからの変更点です。

かなり色々変更、追加、削除がされているのでこちらも一度目を通しておくといいです。

一部の変更点は難易度プロのみであることを忘れずに。

変更点一覧

「プロの難易度で、幽霊がグループに反応するのか、一人でいるときだけ反応するのかを教えてくれなくなりました」

「プロの難易度でスタート時は必ずブレーカーが落ちています」

「汚れた水を撮影する目標を撤廃。追加の写真の証拠としては残ります」

「下記の項目のような温度関連の変更があったため、温度を計測する目標を削除しました」

「アクティビティ モニターには、真の値ではなく推定値が表示されるようになりました」

「グロースティックは、投げられたときと同じ明るさを持つようになりました」

「ゴーストオーブの動きを改善し、部屋の中にいる時間が長くなり、見やすくなりました」

「EMFリーダーは、ハントの際に懐中電灯が点滅するのと同じように、ハントの際にランダムに点滅するようになりました」

「幽霊が出現して自分に向かって歩いてくると、幽霊イベントとしてカウントされるようになりました」

「死んだプレイヤーは平均的な正気にカウントされなくなりました。その代わりに、生きているプレイヤーは、プレイヤーが死ぬたびに15の正気を失うようになりました」

「写真の解像度を下げて、撮影時のラグスパイクを軽減しました」

「50ドルの写真報酬チャレンジは、複数のゲームで合計50ドルの報酬となるように変更されました」

「バンシーは他の幽霊のようにハントをするようになり、ターゲットプレイヤーが外にいるときに任意のプレイヤーをターゲットするようになりました」

「手の届かない場所に骨がスポーンしないように、スポーンの方法を改善しました」

サブ目標の削除

汚れた水の撮影と10度以下の計測が削除されました。

温度は説明にもあるように温度に関する仕様がかなり変わったため自動的になくなった感じ、汚れた水は単純に発生しづらいからじゃないかな、必ず水場があるわけでもないですし。

それよりも十字架のサブ目標何とかしたほうがいい気がするんですけどね。

ハント時のEMFリーダー

まだ実際に見たことはありませんが、ハントモードに入った際に懐中電灯と同じくレベルランプがチカチカするってことでしょう、言われてみればそうなっても違和感ないですよね。

このときにレベル5になることはあるということでしょうか?なるけど証拠としては使えない?

温度計の項目

幽霊部屋特定に大きな役割を持っている温度計と温度関係の仕様は前々から噂されていましたが、とうとうテコ入れが入りました。

初期の頃は温度計で即部屋の絞り込みができていたのが懐かしくなるくらい変わっています。

変更点一覧

「温度計の温度更新レートを1秒から2秒に下げました」

「温度計に表示される温度変化がわずかに増加しました」

「全室微妙に温度差のある状態でスタートとなります」

「電源を切ると、各部屋の温度はゆっくりと5C/41Fまで下がります」

「電源が入っていれば、まだ温度が下がる部屋に幽霊がいない限り、どの部屋の温度もゆっくりと上がっていきます」

「プロの難易度ではブレーカーが落ちているため、室温は5C/41Fからのスタートとなります」

「各部屋の温度が微妙に変化するようになりました」

「電源を入れると部屋の温度が上がる速度を下げました」

「ゴーストがいる部屋の温度を下げる速度を下げました」

「氷点下の温度が証拠の幽霊が、他の幽霊と同じスピードで部屋の温度を下げるようになりました。これにより、電源を切ると、ゴーストルームを含む全ての部屋が同じような速度で下がるようになりました」

温度の仕様変更

まずいちばん大事な部分は、ブレーカーが落ちていると部屋の温度が下がるという点です。

低難易度でも部屋を絞り込む前にブレーカーを落とされると見つけるのが難しくなるため、落とされたらすぐに戻せるようブレーカーの位置把握が重要になってきそうです。

また、室温の上がり下がりが全体的に緩やかになったため、初手温度計で居場所を探すのが必ずしも最善ではなくなったということですね。例えば僕は懐中電灯、ライト、ゴーストライティングブックを最初に持っていきますが、これからは温度計だけでは特定しづらくなることを考えるとブックの代わりにEMFリーダーなどを持っていくほうがいいかもしれません。

もしくは突入後はまず調査道具の運搬をして少し時間を経過させ、温度が安定してきてから調査を開始するのもありでしょうか、何にせよこれまでとはやり方を変えないといけませんね。

指向性マイクの項目

いまだに使ったことがないので一覧だけ。

変更点一覧

「パラボリックマイクの範囲を8mから30mに拡大しました。また、幅も2メートルから6メートルに増えました。これは、ゴーストの大まかな方向を知るために使用するもので、正確な場所を知るためのものではありません」

「パラボリックマイクモデルを小型化し、非VRでも見やすくしました。
パラボリックマイクと音センサーで読み取られていた周囲の音のうち、ゴーストが原因ではないものを一部削除しました」

「パラボリックマイクとサウンドセンサーがプレイヤーの声を聞き取る方法をより正確なものに改善しました」

「2〜3秒からパラボラやサウンドセンサーで時間音を検出できるようになりました」

「パラボリックマイクで聞こえない音がいくつかあったのを修正しました」

VRじゃないプレイでの項目

通常のプレイでの変更点です。地味にありがたい変更点が多め。

変更点一覧

「ゴーストライティングブックと同様にキャンドルを置くことができるようになりました」

「ショルダーライトが点灯していた場合、アイテム交換時に懐中電灯やUVライトが点灯するようになりました」

「点灯している懐中電灯からアイテムを交換すると、自動的にショルダーライトが点灯するようになりました。三脚は常に目の前に置かれるようになり、手の届かない場所に置いてしまうような状況を防ぐことができるようになりました」

キャンドルの設置が可能に

解像度はアレですいません

これ前から気になってたんですよね。

火の点いたキャンドルをデフォルトならキーボードのFで床に置くことができるようになりました。

それまではEMFリーダーみたいに床に放り投げて横倒ししかできませんでしたからね、そのうち特殊な効果とか付与されたりするのでしょうか、ウィジャボードの近くにおいたら反応しやすくなるとか。

VRのバグ修正

これもVRでプレイしたことが無いので一覧だけです。

「VRプレイヤーが横になると幽霊に殺されないバグを修正しました」は面白いですね。

変更点一覧

「ゲーム終了後にVRプレイヤーが発言できない不具合を修正しました」

「VRでのテレポートグラブが死んだ状態では機能しないバグを修正しました」

「スムーズVR録画カメラで複数のオブジェクトが見えない不具合を修正しました」

「VRプレイヤーが横になると幽霊に殺されないバグを修正しました」

「VRプレイヤーが非VRプレイヤーのセーブボイスの音量を設定していない不具合を修正しました」

「VRプレイヤーごとに写真の金額が乗算されてしまう不具合を修正しました」

Prisonの項目

刑務所はプレイしたことがないので一覧のみです。広いマップは色々見つかりそうですよね。

変更点一覧

「両房ブロックからの幽霊の部屋の境界線が浴室と廊下に拡張されていた不具合を修正しました」

「プリズンが契約選択に常に追加されることはなくなりました」

「狩りの際にセルブロックの出口ドアのロックが解除されてしまう不具合を修正しました」

「セルの扉が開いているときに指紋の写真が撮れないバグを修正しました」

「ハント中にメインの廊下のライトが点滅しないバグを修正しました」

「セルブロックのベンチでゴーストが動けなくなることがある不具合を修正しました」

Asylumの項目

アサイラムは(ry。大きいマップは一人でやるもんじゃないです。

変更点一覧

「グレーの扉で指紋写真が撮れないバグを修正しました」

「パフォーマンスと負荷時間が大幅に改善されました」

「幽霊が窓をノックできない不具合を修正しました」

「受付のライトスイッチを移動して、やっていることをよりクリアにし、VRで押しやすいようにしました」

「トラックに乗っている時のFPSを助けるために、ほとんどのCCTVカメラを移動しました」

「ほとんどの部屋を移動しやすくし、安全な場所を取り除くために、いくつかの変更を行いました」

バグ修正の項目

ものすごい数の修正があるので一覧のみにしておきます。

内容を確認しているとよくこんなの見つけたなというものが多く、それは同時にこのゲームが本当に多くの人にプレイされているという証拠でもあります。

安地利用など自分のやっていたことがバグだと判明したら出来なくなっているかも知れませんね。

変更点一覧

「すべてのマップにまたがるいくつかの安全な場所を修正しました」

「幽霊が特定の角度のロッカーやクローゼットの扉から見えてしまうことがある不具合を修正しました」

「ゴーストが届かない場所に入ることができるようになっていた様々な物理の不具合を修正しました」

「電源が切れていると応答できなくなると、ウィジャボードが明滅しなくなります」

「トラックが閉まっているときに精神安定剤を無限に使えるバグを修正しました」

「外にいるといくつかのマップでゴーストに狙われてしまうバグを修正しました」

「解像度スーパーウルトラワイドで、非VR読み込み画面が画面全体をカバーしていない不具合を修正しました」

「幽霊の近くで物を拾って別の場所に持って行くと、一部のオブジェクトが幽霊の影響を受けたままになってしまうバグを修正しました」

「遺体が移動した場合、死体写真の証拠写真が常に機能していなかったバグを修正しました」

「VR以外のプレイヤーの死体がしゃがんでいると地面の内側にスポーンするバグを修正しました」

「死亡したプレイヤーが電源を入れていると、ウィジャボードが使えるようになってしまう不具合を修正しました」

「非VRプレイヤーの場合、キャンドルが消灯しない場合がある不具合を修正しました」

「プレイヤーがヘッドマウントカメラで接続を外すとCCTVモニターが動作しなくなる不具合を修正しました」

「明るすぎて幽霊のオーブを見ることができない状況を防ぐために、すべての家のマップのカメラの暗視の明るさを下げました」

「プレイヤーが死亡するほどゴーストの活動が低下するバグを修正しました」

「まれに起きる幽霊に完全に殺されないバグを修正しました」

「非VRプレイヤーが死亡時にヘッドマウントカメラをフックに戻すことができる不具合を修正しました」

「インターネットに接続していない状態でプレイすると、1ゲームしかプレイできず、再起動しなければならないというバグを修正しました」

「更新をクリックしてもロビーのページ番号が変わらない不具合を修正しました」

「ロビーサーバーのリストに空のページが表示されてしまう不具合を修正しました」

「マイクが接続されていないとボイスチャットが動作しなくなり、再接続できなくなるバグを修正しました」

「ハントの途中でホストが切断された場合、ゴーストが無限にハントモードのままになってしまうバグを修正しました」

「ゴーストイベント中に点灯できるライトの最大量が変更されていない不具合を修正しました」

「サウンドセンサーを高く置きすぎると足音を感知しなくなる不具合を修正しました」

「2つ目の目的を達成すると、3つ目と4つ目の目的でも経験値報酬が得られる不具合を修正しました」

「ウイジャボードの反応でホストのみがデイリーチャレンジの完了を取得していたバグを修正しました」

「トレーニングを完了するとオフラインになってしまうバグを修正しました」

「通常のプッシュトークをしているときに、ウィジャボードが話をしていることに気づかないことがある不具合を修正しました」

「音やモーションセンサーがマップ上の正しいフロアに割り当てられない場合がある不具合を修正しました」

「死亡したプレイヤーに幽霊が常に出現するわけではない不具合を修正しました」

「一部の浴室の窓についた指紋の証拠写真が撮れない不具合を修正しました」

「幽霊の足跡が写真の証拠として登録されないバグを修正しました」

「心霊写真が常に登録されず、代わりに他の証拠を取得してしまうバグを修正しました」

「ハントがない時にハントチャレンジが完了していたバグを修正しました」

「ハント中にネットワークトラフィックが大きく急増して切断されてしまうバグを修正しました」

「いくつかのライトが装備品を照らしても点灯せず、真っ暗になってしまう不具合を修正しました」

「トレーニング中に購入した調査道具がスポーンしない不具合を修正しました」

「死んだ状態で離脱したり辞めたりすると調査道具が無くならないバグを修正しました」

「塩の山の写真を撮るとレイスの足音の証拠になるバグを修正しました」

「すべてのマップでトラックミニマップのエラーをいくつか修正しました」

「いくつかのマップで地下室の床にオブジェクトが落ちてしまうことがある不具合を修正しました」

「ライトが点灯していると正気度を失ってしまう箇所を数箇所修正しました」

「メインドアを開けずに音声認識でオブジェクトと対話できる幽霊を取得できるバグを修正しました」

まとめ

個人的に抑えておきたいのは以下の点です。

・温度に関する仕様変更(全体的に変化が緩やかに、ブレーカーオフで室温低下)
・幽霊の挙動(よりプレイヤーを察知するように動く、マイク音声を認識する)
・全体的に便利に(難易度選択、調査道具の最大所持、懐中電灯の持ち換え点灯など)

その他バグの修正も大量にされているので更に今までとは違う怖さが増えると思われます。

大掛かりなアップデートでしたが何がすごいって新しく要素が追加されたわけじゃないんですよね、製作者の方がプレイ状況などを見て、既存のゲーム内容をなるべく変えずに自身の理想とするゲームに近づけたっていうのが今回のアプデなんです。

予定があるのかは現時点で全く不明ですが新しい幽霊や新しい調査道具、マップなども追加されていくのかも知れません、まだまだアーリーアクセスですからねこのゲーム。

最初にも書きましたが機械翻訳からの意味が捉えられずそのままの項目も結構あります。疑問を感じる部分があればご自身で保管してみてください。

ゲーム
スポンサーリンク
かみのもりブログ
タイトルとURLをコピーしました