【Phasmophobia】怖くてできない人におすすめしたい「スピリットボックス縛り」

やっとレベルが16になりプロ難易度が解放されました。

プレイ時間にして約10時間、毎日普通にプレイしていれば一週間もかからずに解放できるのではないでしょうか、時間がかかった原因にはやはり怖くて起動するのをためらうというのがあります。

そこで今回は僕のような怖くて積極的にプレイできない人、やってみたいけど買うのをためらっている人にこそ見てほしい「縛りプレイ」の提案です。

縛りプレイといえば通常のプレイでは満足できなくなった人があえて難易度を上げるために制限をかけるというのが基本です。

結構解釈が人それぞれで、例えば今回のスピリットボックス縛りと言われたときに、「スピリットボックス使わない」と「スピリットボックスしか使わない」に分かれる傾向があります。今回は前者、後者だとゲームにならないので。

あえて道具を使わないことで怖さをマイルドにするを目指します。

スポンサーリンク

スピリットボックス

そもそもスピリットボックスとは何か。

スピリットボックスはPhasmophobiaで最初から持っている通信機のような調査道具のひとつで、名称も同じく「スピリットボックス」の証拠を見つけるのに使用します。

こちらの道具紹介記事でも触れています。

肝心の使用方法は「幽霊のいる部屋で明かりを消し(懐中電灯はOK)スピリットボックスに向かってPCのマイクで話しかける」といったもの。

例えば「何歳ですか?」と問いかけると反応するタイプの幽霊であれば「OLD(高齢)」などが画面表示と音声で返答されます。

最近は反応する言葉の種類も大分判明してきたようですが、証拠として見つけるだけならどこにいますか?もしくは何歳ですか?で十分です。

やってみるとわかるけどこれ凄い怖いんですよ。だって返答が帰ってくるということは確実に「いる」ってことですから、しかもあえて幽霊を刺激するっていうのがもうホラー映画で最初に死ぬやつみたいじゃないですか。

だから怖くて使えないなら使わなくてもいいやと思ってしまうとことん後ろ向きな逆転の発想で行った結果生まれた縛りです。

メリット・デメリット

音にビビる要素を減らせる

一番大きいのはなんといってもスピリットボックスを使わなければいけないという精神的な負担から逃れられるという部分に尽きます。

というのもPhasmophobiaは視覚以上に聴覚に攻撃してくるゲームだと思っています。

そもそも建物に入った瞬間から流れてくる空気が変わった感満載の音から始まり、足音物音や電話鳴らしたり車鳴らしたりと音で精神攻撃を仕掛けてきます。

一番嫌いなのは耳元で威嚇みたいな「フシャアアア!」っていきなりくるやつ、でも音から得られる情報も多いから聞かなければいけないと非常にうまくできているのが恨めしい。

ただでさえ音に敏感になっているのに自分から音を出させる行為というのはかなり抵抗があるため、それが無くなるだけでも意外と落ち着きます。

運搬が気持ち楽になる

このゲームの怖い部分のひとつとして、安全地帯(トラック)と危険地帯(建物)を何度も往復しなければならない点があります。

証拠を集めるため、また報酬を上乗せするために道具を部屋に運ぶのは移動速度の遅さもあって非常にストレス。下がる正気度を見る度に建物に戻る勇気を削られていきます。

スピリットボックスは初期アイテムなので必ず調査に持っていくことにはなりますが、使わないのであれば運ぶ必要はありません。

一度に3つまでしか持てない中でひとつ持っていく必要がなくなるというのは実は結構アドバンテージだったりします。

音声によるゲーム内外への刺激を防げる

幽霊に声をかけるというのはイコール刺激するということです。

呼びかけることによって怪奇現象を引き出し場所を特定するという事もできなくはないそうです怖いからやらないけど。

噂によればプッシュトーク中でなくても幽霊は音声を認識するとのこと。実況でもなければソロプレイでずっと話している人はいないと思いますが、マイク自体を使用しないことで幽霊への刺激を抑えることができます。

また、生活環境によってゲーム中に声を出しづらい人にもオススメ。夜中に一人で「どこにいますかー?」なんてSIREN2の闇人みたいな行動を家族に不審がられずに済みます。

調査難易度は上がる

デメリットはやはり特定が難しくなる点。

スピリットボックスが証拠となる幽霊は12種類中7種類と多く、残念なことにスピリットボックスは体感ですが比較的見つけやすい証拠というのが拍車をかけます。

スムーズに証拠が2種類見つかったとしてもスピリットボックスが証拠の可能性がある限り、完全な特定は運ゲーになることも多くなります。

それでもうまく行けば特定はできますし、死なない限りは失敗しても報酬が減るだけでまた次にチャレンジすればいいだけです。「報酬よりも命が大事」は本当に金言。

プレイする前に

スピリットボックスが証拠になる幽霊

実際にプレイする前に覚えておきたい情報を書いていきます。

まずスピリットボックスが証拠になる幽霊は以下の通り、覚える必要はありません。

ジン(明るいと活性化する)
鬼(物を投げたり好戦的)
メアー(暗闇での危険度NO1)
ポルターガイスト(物を動かすだけで危険度は低め)
デーモン(超やべぇ)
スピリット(特徴がないのが特徴)
レイス(浮いてる、壁を貫通する)

ご覧のように危険度の高い幽霊が多め、上記の幽霊が候補として残った場合もう一つの証拠を探すために粘るか特定を諦めて2分の1に託し帰還するかになります。

見つけやすい証拠(主観)

氷点下の温度
温度計で探すまでもなく操作キャラの息が白くなるため見つけやすい。
ただ氷点下はデーモンなど殺意高めの幽霊が多くて素直に喜べない。

ゴーストライティング
ちゃんとした場所に置けば置いた瞬間に書き込まれることもある。
書かれたらカメラで撮影を忘れずに(報酬アップ)。
塩で通り道を判別してそこに置くのもいいかもしれません、ただアプデで有効範囲が狭くなったとの情報もあります。

スピリットボックス
使いたくないけど正直スピリットボックスはかなり出やすい証拠です。
ただ友人とやったときに友人がやると全く出現しなかったため、プレイする環境や幽霊に好かれやすい体質とかあるかもしれません。
デーモンあたりは凄い喋るイメージ、スピリットは名前に付いてるのに喋りづらいイメージ。

見つけづらい証拠(主観)

指紋
扉、スイッチ、窓などで見るかることが多い。
ただし開始直後から出現するわけでもないのと、部屋が広いと見つけづらい。
これは友人が異常に見つけ上手だったりするので僕が苦手というだけかもしれません。

ゴーストオーブ
カメラの設置位置がよければ割とすぐ見つかる、よければ。
悪ければ一向に見つからず何度も往復しないといけない、でもオーブを確認している間は絶対安全というのも高ポイント。
複数設置で広範囲をカバーするのも有効、なるべく高い位置から。

EMFリーダー
個人的に一番の困ったちゃん。
レベル5まで上昇する幽霊でも常時レベル5というわけではなく、証拠にならない幽霊でもレベル4までは上がるため気まぐれすぎて確実に証拠を取ろうとしたら長時間滞在になりがち。
しかもスピリットボックス同様音が鳴るうえに、反応するということはその場にいることが確定しているということになるのでできれば使いたくないというのもあります。

実際にプレイしてみる

基本方針

ここからは一度実際にプレイしてみた記録を簡単に解説していきます。

まず難易度はアマチュアでマップサイズは最小の1階建。

マイクのスイッチは切り音声認識を使用しないでスタートします。

持っていく道具は基本装備に加えて調査用に強力な懐中電灯、温度計、塩。あわよくば報酬獲得用にスマッジスティックとモーションセンサーを持っていきます。

精神安定剤とか十字架は流石にいりません。

調査開始

あいつは置いてきた(こっちが)ついてこれそうもない

いつものトラックからスタート、スピリットボックスはそのままにしておいてもいいけど儀式的な意味も込めてトラックの奥に放り投げておきます。

最初に持っていくものは懐中電灯、温度計、ゴーストライティングブックの3種類、これが今一番無難な組み合わせではないでしょうか。

3枠目はビデオカメラでもいいんですがアマチュア難易度だと5分間の猶予があり、その間にできるだけ現場に道具を揃えておきたいという点からゴーストライティングブックのほうが少しだけ優先度が高め、先に調査道具を全部置いてからオーブを確認するならどっちでもいいです。

セオリー通り近くの部屋→遠くの部屋と温度計でチェック、最終的に現場は入り口すぐ近くの子供部屋を再度訪れた際に発見しました。

どうやら幽霊が動き出すのは入口の鍵を開けた時点らしく、鍵を開けた直後は温度がすぐに下がらないため「隅々まで探して結果入り口のすぐ横だった」みたいなことが起きるようです。

なので狭いマップでは奥の部屋から探すかドアを開けたら先に調査道具を玄関に集めるなどしても良さそうです。

特定する

普段こんな綺麗に見つかない

スピリットボックス以外を一通り試した結果、見つけたのは指紋のみと少し渋め。

しかし指紋があった時点で候補は5種類に絞られることになります。

更にしばらく時間が経過しても温度が氷点下にならないことからレイスとバンシーが除外され、残りは3種類と絞り込みをかけます。

レヴナント:EMFレベル5、ゴーストライティング
ポルターガイスト:ゴーストオーブ、スピリットボックス
スピリット:ゴーストライティング、スピリットボックス

今回はスピリットボックスを縛っているため、あえてスピリットボックスが証拠だった場合にどの幽霊が候補になるかを考えます。

そうするとポルターガイストもしくはスピリットが残ります。部屋特定後から設置してあるゴーストライティングブックが反応しないということはスピリット(とついでにレヴナント)の線は薄く、残るはポルターガイストのみ。

なのでゴーストオーブを再確認すべくカメラの位置を変更、無事確認できたため今回の幽霊はポルターガイストということで決着となります。

正直部屋の中の物が次々動くのとゴーストライティングがいつまでも反応しない時点でほぼ答えは出てるんですが一応推理してみました。

非常にスムーズに行ったケースでしたが、もしかしたら実はたまたまゴーストライティングブックが反応しなかっただけ、もしくはそもそもスピリットボックスが証拠ではない可能性も十分あります。

ですので温度が別枠としても自分が見つけやすいと感じる証拠があると、その証拠がなかったときの根拠の裏付けに使えるかもしれません。

まとめ

はっきり言うとスピリットボックスを使うほうが特定は楽です。

ゲームの必須道具として持っているわけですから当然です。

それでも怖くてプレイできないよりはマシだと思うんですよ、せっかく興味があって購入したわけですから。

そうやってプレイしているうちに慣れてくれば儲けもの、大手を振ってスピリットボックスを解禁すればより一層楽しめます。

買ったけど怖くて起動できない人は是非お試しください!

ゲーム
スポンサーリンク
かみのもりブログ
タイトルとURLをコピーしました