【RimWorld1.2】防衛時に有利に働くmod

今回はmod紹介、防衛編です。

前のmod紹介でも少し触れましたが、リムワールドの武器追加modは結構リスクがあります。

なぜなら追加武器を襲撃者が使ってくる可能性があるからです。

特に敵の装備はランダムなので宙族がこちらがまだ用意できていない段階の武器を持ってくることも中盤以降ザラにあります。

うまいこと奪えれば一気に有利になりますがそのためには一度倒す必要があるわけですし、強い武器を追加することが必ずしも有利に働くとは限らないパターンは多いです。

なので今回はなるべく敵が有利にならないような防衛に使えるmodをいくつか紹介します。

僕自身戦闘は上手くないのであまり参考にならないかもしれませんが、防衛には使えているので効果はあると思います。

他のmodも紹介しているのでそちらもどうぞ!

おすすめmod紹介:必須編

おすすめmod紹介:難易度低下編

スポンサーリンク

おすすめmod

ED-Embrasures

壁と交互にして効果アップ

銃眼付きの壁を作れるようになります。

壁に穴が空いているので壁越しに射撃が可能、ただしカバーは完璧ではないので撃ち合いになった場合は普通にこちらも攻撃を受ける可能性があります。

また、穴が空いている構造上温度の遮断はしないので囲ったとしても外気を普通に通します。もちろん爆風も通すので注意。

普通の壁よりも必要資材数が多く建築に時間がかかるのと、建築した壁の上に重ねて建築ができないのである程度予定を立ててから作り始めたほうが無駄がないです。

防衛関連のmodではかなり有名ではないでしょうか、採用している人も多いと思います。

一番の魅力はなんといっても近接攻撃を完全に無効化できるので、近接武器所持の敵や殺人鬼状態の動物、メカノイドのカマキリタイプを安全に倒すことができる点。

土のうと違い乗り越えられないので万一倒しきれなくても接近戦に持ち込まれる可能性を大幅に減らせます。

難点というか注意点としては上にも書いていますがまずは建築に時間がかかること、そして撃ち合いの場合は普通に被弾するということでしょうか。

特にロケラン系の武装やムカデなど遠距離から爆発物を撃ってくる敵がいるときは爆風で大打撃を受ける可能性もあるので、敵の所持武器はしっかり確認しましょう。

普通の壁と交互に建てて隠れながら射撃するのが定石です。建築の命令を出すときに見づらいのできれいに作りたい人は順番にも注意。

mod本体
ED-Embrasures

日本語訳mod(mod本体より下に配置)
ED-Embrasures 日本語翻訳追加

1.2に対応している別の銃眼壁mod
Matching Embrasures

[FSF] Better Spike Traps

地獄のトラップ地帯も作れる

スパイクトラップが便利になります。

建設にかかる資材が15で済むようになり、隣同士に配置できるようになります。

また、バニラの石材製スパイクトラップとは別の石材製スパイクトラップが追加されます。mod追加品は建築に必要な時間が大幅に減っているので資材があれば木材と同じような使い方ができます。

バニラのスパイクトラップって離さないと設置できなくて正直空気だと思ってたんですよね。

設置制限がなくなる上にコストも低くなるのでスパイクトラップを防衛に組み込んでいる人は導入必須のmodです。

とはいっても味方が引っかかる可能性も捨てきれないので画像のようなびっしり敷き詰めるやり方は現実的ではないですよね、やるとしたら別の場所で作って再設置ならまだ行けるかも。

ムカデとか後半の良い防具を装備した襲撃者相手だと心細くはなるんですけどね、足止めには十分使えるのでおすすめです。

mod本体
Better Spike Traps

日本語訳mod(mod本体より下に配置)
Better Spike Traps 日本語翻訳追加

Trading Spot

かつてここで何があったのだろう(棒)

不定期にやってくる他勢力の商隊がとどまる地点を指定できるようになります。

内容からわかるように本来防衛用のmodではありません、せいぜい防衛地点の入口辺りに設定して壁になってもらう程度です。

ですが使い方によっては自拠点の安全度を高めることもできます。ある意味本modの正しい使用方法です。

まずは古代の遺跡を見つけましょう、だいたい不自然な大きさの壁に囲まれた中にあります。

この時点で何をするかを理解したあなたは既にリムワールドの住人です。

次にその壁の近くにトレーダーの取引地点を設置します、これで準備完了です。

ちなみに到着後に地点を変更しても移動はしてくれないので事前に設定しておきましょう。

そうしたらトレーダーがやってくるのを待ちます。原住民だとメカノイド相手に普通に負ける可能性があるので銃火器を持った派閥のほうがいいです。

あとはトレーダー一行が遺跡の近くに来たのを見計らい壁を解体すればOK。

メカノイドであれば自動的に、虫であれば攻撃すると戦闘を始めるので見守りましょう。

よっぽどの戦力差がない限りは勝ってくれます。解体した入植者の避難を忘れずに。

余裕がありそうなら冷凍カプセルも開けて古代の戦士がいたら倒してもらうと更に安心。

これで開けるには危険だけど中身が気になる遺跡をノーリスクで調べることができます。

見つけたものを手に入れるもよし、カプセルを解体してウランを手に入れるもよし、遺跡のスペースを何かに使うもよしで自由です。

もし運悪く倒れたトレーダーがアイテムをぶちまけていたら劣化を防ぐためにもしっかりと預かっておきましょう

罪悪感があれば治療、埋葬してあげれば化けて出ることもないので完璧です。

注意点としては一定の人数が倒れると離脱してしまうので爆発物がないことを祈るのと、序盤にうまいこと行き過ぎると資産価値が爆上がりすること。

それでもいい武器が手に入れば対処が楽になるので一度試してみてください。

mod本体
Trading Spot

まとめ

「え?今回これだけ?」と思ったあなた、正解です。

白状すると今現在しているプレイの襲撃対策は別modによるところが大きく、そっちについては今度別途記事を作成するつもりです。

ええそうです、Trading Spotのことが書きたかっただけなんです。

でもそれだけだとあまりにも短いので他に普段使用している防衛系のmodを紹介しました。

本当はもう一つMore Vanilla Turretsというmodを入れていたのですが、いつの間にか削除されていたのに気づかず日本語化modだけがあるという悲しい状態に先程気付きました。どうりで研究一覧になかったわけだ…

タイトルとURLをコピーしました