【XCOM2 WotC】実績解除をする時はゲーム進行と分けたほうがいいという話

少し前に実績解除を進めているという記事を作成しました。

現在のプレイでかなり解除が増えてきていまして、この記事を書いている時点で全88個のうちアンロック済みの実績数が72個となっています。

残りが通常プレイで取得可能なものが2個、難易度を変更するタイプが7個、レガシー作戦系のものが6個、マルチプレイのが1個となり、今回クリア時点で通常プレイ2個は回収できるので残りは難易度変更系を攻めていく予定です。

レガシー作戦系は余裕ができてからやるか決めるつもりですがやらないかも。

今回触れるのはタイトル通りの内容なのですが、実績の解除って種類によっては少し無理をしなければ取れないタイプのものがあります。

そこで解除のために突っ込んで敵を倒したりすると結果危険な目に会い、ゲームの進行に支障とまではいきませんが後の展開が辛くなったりします、というかなりました。

なので実績を狙う場合はセーブを分けるなどして進行とは別にしたほうがいいですよーと言うのを、自分が解除した時の教訓として紹介していきます、少し前の記事と話がかぶる部分もありますがご了承ください。

実績の解除状況については以下の記事にて紹介しています。

スポンサーリンク

解除した実績

機械が精神を超越する日

機械が精神を超越する日
SPARKでアヴァターを倒す

シェンズ・ラスト・ギフトで追加される実績です。

最終ミッションではなく、ストーリー進行上のコーデックスをスカルジャックした時に出現したアヴァターを倒しても解除できました。

アヴァター自体はテレポートするもののSPARKのオーバードライブを使うなどすれば倒すこと自体は難しくはなかったです。

ただ、通常ミッションであるがゆえにコーデックスのスカルジャック時に他の部隊に発見されるといったアクシデントがありました、XCOM2ではむしろ日常の範囲内だと思いますが。

索敵をしっかりしたつもりだったんですが、スカルジャックをした場所でスペクターに発見されシャードーバインドをもらってしまった上に、運悪く車の側面にいたため別の攻撃で爆破されダメージを受ける始末。

バインドをくらった意識不明状態ならワンチャン爆破ダメージ受けないかと思ったらそんな事はありませんでした。

画面上部の技術兵にこの後悲劇が

スペクターを倒し技術兵はダメージを負ったものの復帰、そこで1ターン待てばよかったのに一歩前に進んだことによりゲートキーパーに見つかってしまい、ゲートをくらって殉職。

結果実績は解除するにはしたけどゲートにより3名負傷、1名戦死というなんとも不甲斐ない結果となってしまいました。

特に技術兵はシャドーバインド→爆発→ゲートととんでもない不幸、恨みでサイキックゾンビになるんじゃないかと思いましたがならず(恨む間もなかったか)。

別にSPARKで倒す実績と関係ないただの油断じゃないかと思うかもしれませんが、「実績も取りたいしここらでやるかー」という判断から発生しているので、狙った結果こうなったということです。

この実績は取得した時点で保存されるので、納得いかない結果になってしまった場合はセーブを分けるかやり直すなどするといいと思います。

慢心ダメ、絶対。

お疲れウォリアーズ

お疲れウォリアーズ
疲労状態の兵士だけを使い、犠牲者を出さずにミッションをクリアする

実績解除進捗の記事でも書きましたが、個人的にWotC最難関だと思います。

なんでかっていうと疲労度の管理が難しい、減り方によるのかは不明ですが同じ疲労状態でも1日で回復したり一週間かかったりと足並みをそろえて全員が疲労になるタイミングってあまりない気がします。

序盤の楽な内にやりたいけど序盤って連続してミッション発生しないから疲労してないし、中盤以降は敵も強くなってきてなかなか狙って疲労にできないし。

何より動揺状態になると長期離脱決定なので、中盤辺りに主力でやっちゃうと予備人員が育ってなくてかなり辛い目に会います。

つい最近達成したんですが、僕の場合はメンバーを選抜し選ばれし者の拠点攻撃ミッションをまず実施、長丁場になるミッションはまず確実に全員疲労になります。

その後そこまで難易度の高くないエイリアンの施設破壊ミッション(アヴァター計画のゲージを下げるタイプ)を実施、なんとか実績達成となりました。

ただ被害はかなり大きく、出撃した全員が動揺状態となりました。

このゲームの二週間は長い

しかも直後にアヴェンジャーの防衛ミッションが発生、完全に計算外で無理やり出撃させられた疲労状態の兵士が追加で動揺状態になってしまいかなりの期間二軍での戦闘を強いられました。

なので結果的にこういう状態になってしまった上で実績解除なら仕方ないのですが、狙ってやる場合はクリア前にデータを分けておくことをおすすめします。

余談ですが、上記の防衛ミッションはランダムで発生するタイプのものでした。

実はこの時陰謀でXCOM狩りが発動しており、ミッション終了後すぐに再度追跡イベントが発生しました。

さすがに戦闘は起きませんでしたが、もし発生していたらいよいよやばかったかも。

お疲れウォリアーズで気づいたこと

実績解除を狙ってミッションに挑んだ時に偶然発生したんですが、解除されなかったケースがあったので触れておきます。

条件としては味方が全員疲労状態であることが条件なので、疲労状態でない味方がいると解除されないということです。

SPARKはもちろんなのですが、今回発生したのは大陸ボーナス(レジスタンス指令)のダブルエージェントで追加された味方アドヴェント兵の影響によるものでした。

いる状態でクリアしても解除されず、同じミッションを10回程度ロードでやり直しましたがその全てに出現しやがりました。ランダムで出現のはずですが、抽選されるのはミッションを選んだタイミングではないということなんでしょうかね?

疲労が回復しない程度に日数を進め再度挑戦した際にはいなかったので解除となりました。

解除してしまったので検証はできませんが、おそらく同じような内容のボーナスである義勇軍も出現した状態では達成不可能、VIPを連れて行くミッションやレジスタンスがいるタイプの報復ミッションもだめだと思います。

それにしてもどういった経緯でいるのかは知りませんが、味方になってもなおアドヴェントは人類の敵のようです。

実績を狙う人はご注意を。

まとめ

実績を取るためのプレイって往々にして進行とは関係ないことが多いんですよね。

危機的状況からの立て直しがゲームの醍醐味とはいえ、解除のために自分からピンチを演出する必要まではないんじゃないかと。

なのでこだわりがないのであればデータを分けて狙っていくことをおすすめします。
特にお疲れウォリアーズ。

タイトルとURLをコピーしました