【XCOM2 WotC】実績:サイキック・サイクルを解除する時の注意点

以前別の記事で実績解除に挑戦中というのを書きました。

難易度を変更するものを除けばあと二つとなってまして、その内の一つであるサイキック・サイクルをようやく解除しました。

思ったよりも大変だったのと、実績画面のふわっとした説明文ではわからなかった部分もあったので成功したときと失敗したときをそれぞれまとめてみました。

もしこれから実績解除を狙う場合は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

サイキック・サイクルについて

基本情報

実績の内容としては上の画像にも記載されていますが、以下のとおりです。

サイキック・サイクル
1回のミッション中にテンプラーのフォーカスレベルを最大まで上げてから全て使い、再び最大まで上げる。

テンプラーは行動によってフォーカスを手に入れたり消費したりします、フォーカスレベルが上がれば移動力と攻撃力が上がるので、なるべくフォーカスを維持して戦う人が多いのではないでしょうか。

というかテンプラーの「必中攻撃プラス追加移動」という本ゲームにおいて非常にメリットの大きい攻撃がデフォルトで可能な上に、フォーカスを消費するアビリティがテクニカルすぎてフォーカスレベルを下げてまで使う判断ができないです。

なのでテンプラーの性能を隅から隅まで使い倒す人でもなければ自然に取れる実績ではない気がします。

フォーカスを取得する行動

テンプラーがフォーカスを取得する方法は以下のとおりです。

・レンドで敵を倒す。

・軍曹アビリティのオーバーチャージを覚えてからレンドで敵を攻撃する。

・中尉アビリティのチャネルを覚えたあと、落ちたエネルギーを回収する。

・大佐アビリティのイオンストームで敵を倒す。

・ゲリラ戦術である精神覚醒をアンロックする。

注意点としてはブレイドストームによる攻撃で敵を倒してもフォーカスは獲得できません

フォーカスを消費する行動

基本的にアビリティを使用すると消費されます。

・フォーカスを1消費するアビリティ
 ボルト、アンプリファイ、ピラー、スタン攻撃、入れ替わり、交代、ヴォイドコンジット

・フォーカスを2消費するアビリティ
 ゴースト

・フォーカスを全て消費するアビリティ
 イオンストーム

ちなみに今回実績解除時に使用したアビリティはピラーとイオンストームのみです。

解除に失敗した時の話

失敗していた一番の原因としては「イオンストームによって得たフォーカスは実績の対象外になっている」という部分でした。

イオンストームはフォーカスレベルに応じて自身を中心とした範囲攻撃を行います。

その際フォーカスゲージを全て使用するのですが、敵を倒した場合フォーカスを入手します。

なので倒せる敵が3体以上いる中にテンプラーを突撃させれば余裕で行けるんじゃないかと思っていたんですが見事に目論見は外れました。

一応検証のために何度か敵を変えつつ挑戦してみたんですが全部失敗。

試しに10体いるロストの群れに突っ込ませてみましたが、凄まじい量のフォーカスが手に入ったはずなのに残念ながら解除にはならず。

それならと大群ミッションで一度最大値にする→イオンストーム→クールダウン明けにもう一度イオンストームと2サイキック・サイクルしてみたんですがダメでした。

どうやらイオンストームによるサイクルはノットサイクルのようです。

もはやマップ兵器

解除に成功した時の話

学んだこと

イオンストームによる大漁作戦は失敗、お手軽サイキック・サイクルは許されないようです。

ならば使い切ったあとは通常のやり方で貯めるしか無い。

ですがこの時点いくつか気になる点と注意しなければならない点がありました。

まずはレンドによる撃破以外のアビリティによるフォーカス獲得は対象になるのか、特にゲリラ戦術である精神覚醒はほぼ必須であるため既にアンロック済みでしたが、これが対象外の場合最悪やり直しも視野に入れていました。

また、今回リーパーのアビリティを覚えなかったので基本一ターンに一体しか倒せません。

3フォーカスを2回貯めるのに6体は倒す必要があることを考えると2部隊は一人で壊滅させないといけないんですが、最終ミッションならともかく通常ミッションでそんなに敵の数がいることもないので、なるべく敵の足止めをする編成を組む必要がありました。

とことん足止めする部隊結成

というわけでひたすら敵の動きを阻害する部隊を編成しました。

アシドメーズ結成!

まずは主役であるテンプラー、ポイントが許す限りアビリティを習得させました。

次に斥候役のリーパー、彼は特に嫌がらせに関しての特徴はありませんが、レンド先で別の部隊に見つからないよう常に周囲を警戒してもらいます。

グレネード兵はフロストボムと重武装で敵の凍結メイン足止め。

サイキック兵2名は主にステイシス要員、片方はサーペントアーマーによるフロストバイト、もう一人はイカロスアーマーでいきなり目の前に現れてステイシスをかます厄介なやつです。

最後の一人はmodクラスのSpecOps、リーパー同様シャドー状態を維持できる他、アビリティの専用フラッシュグレネードはダメージこそないものの混乱やスタンを潜伏のまま付与できるので遊撃的な活躍ができます。

もしオンライン対戦であれば確実に友達をなくすレベルの嫌がらせ編成で向かいました。

実績解除まで

選んだミッションはおなじみエイリアンの施設攻撃、いつでも行けるのって素敵。

まずは精神覚醒によって+1されるフォーカスを消費すべく初手ピラーを発動

なにもない空間に突如現れた壁によりもちろん部隊潜伏は解除、リーパーとSpecOpsに先導させます。

最初に接敵した部隊に対しフロストボムを投下、一体目をレンドで倒した時にチャネルのエネルギーがドロップしそのままフォーカスは+2に、こんなの防ぎようがないのでとりあえずもう一体を倒しフォーカスを+3にしました。

そして次の敵を探しつつイオンストームを無駄撃ちします、このアビリティは敵がいなくても発動可能なので味方を巻き込まない場所であればどこでもいいです。

これで「(0から)最大値まで上げたフォーカスを全て使い果たす」を満たすことになります。

残念ながら次に見つけた敵がよりによってゲートキーパーとアーコンというぶっちゃけ低難易度でも最高クラスに厄介な部隊だったため、総力を持って足止め作戦開始。

ゲートキーパーは凍結の効き目が薄い上に行動させること自体が悪手なのでイカロスアーマー持ちサイキックでステイシスを敢行、そこで初めて知ったんですがイカロスアーマー着てるとアーコンがパニックになることがあるんですね。

思いがけず一石二鳥になったのでテンプラーでアーコンを撃破し、先程と同じくチャネルでの戦利品がありましたがフォーカスが+3になり実績解除となりました。

ちなみにその後セクトポッドとも接敵しましたが再度溜まったフォーカスでイオンストームをぶちかまし軽々撃破、余裕の帰還をしたのでした。

まとめ

SpecOpsの専用グレ

気になったのがフォーカスの最大値が3ではなく2のときも実績の解除が可能かなんですが、もう解除してしまったので検証はできなくなってしまいました。

できるなら2のほうが楽かな?

あとSpecOpsのグレネード使いどころなかったので無理やり使ったんですが、機械にはもちろん効果がないので無駄打ちになりました。

潜伏維持したまま相手を無力化できるんで便利なんですけどね、フロストボムと何よりイカロスアーマー+ステイシスの使い勝手が良すぎたのもありました。

難易度に関係ない実績はこれであとはタイガンの存在意義だけです。

これについても既に何度か失敗しているので、年明けに別記事で紹介します。

今年の更新は本記事で終了です。

えらい中途半端な時期に始まったブログで、内容もまだまだしっかりしていませんが少しずつ見てくれている方が増えて嬉しいです。

それでは良いお年を!

タイトルとURLをコピーしました